「かかりつけ薬剤師」新設、服薬を一元管理…診療報酬改定を答申

「かかりつけ薬剤師」新設、服薬を一元管理…診療報酬改定を答申
読売新聞(ヨミドクター) 2月10日(水)14時20分配信

厚生労働相の諮問機関・中央社会保険医療協議会(中医協)は10日午前、2016年度の診療報酬改定を決定し、塩崎厚労相に答申した。

多種類の薬を飲む高齢患者らの服薬状況を一元的に管理する「かかりつけ薬剤師」の仕組みを新たに設けるなど、調剤の評価を大きく見直したのが特徴。
質の高い在宅医療を推進する診療所や、退院支援に積極的に取り組む医療機関に手厚く配分する。

新たな診療報酬は原則4月から適用される。

「かかりつけ薬剤師」は、患者から同意を得た薬剤師が、市販薬も含めて患者の服薬状況を把握し、24時間体制で相談に応じる。
必要に応じて患者宅を訪問して残薬の整理もする。
薬局勤務3年以上などの条件はあるが、1回の処方ごとに通常の指導料より高い700円が算定できる。

特定の病院や診療所の処方箋を扱う大手調剤薬局チェーンの「門前薬局」への調剤基本料は引き下げる。

在宅で療養する高齢者の増加を見越し、在宅医療を専門に行う医療機関の開設を認める。
診療所などと連携し、専従の看護師らが退院支援に取り組む病院に新たな報酬をつける。

25年に700万人に達するとされる認知症患者への対応では、主治医機能を果たす診療所などに月1回1万5150円を算定する。

医療機能の分担と医療費適正化を推進するため、患者7人に看護師1人という手厚い配置で、入院基本料が高い「7対1病棟」の要件を厳しくする。
重症患者の割合を15%から25%に引き上げるなどの見直しを行い、病棟の数を絞る。

また、大病院に紹介状なしで軽症患者が受診する場合、原則初診5000円以上、再診2500円以上を患者が定額負担する仕組みを導入する。

2016年度診療報酬  改定のポイント
▽「かかりつけ薬剤師」の仕組みを新設

▽大手調剤薬局チェーンの「門前薬局」の調剤基本料引き下げ

▽在宅医療専門の医療機関開設を許可

▽退院支援に取り組む病院の評価の充実

▽認知症患者に療養上の指導、服薬管理などを行う主治医を評価

▽大病院に紹介状なしでの受診に初診で5000円以上の定額負担導入

診療報酬
診療にあたる医療機関や調剤を行う薬局が受け取る医療サービスや薬剤の対価。
行為ごとに細かく点数化され、値段が設定される。
医療費として患者が一部を負担し、残りは国民健康保険や健康保険組合などが支払う。
通常は2年に1度、中央社会保険医療協議会の審議を経て改定される。


薬剤師求人・転職情報サイト人気ランキング発表

160111Image4-500
薬剤師の方の転職で成功するため、失敗しないためには、
転職情報サイトの利用や、専任コンサルタントのアドバイスが不可欠です。

見落としがちな条件を見つけてくれたり、
あなたの代わりに、待遇等を交渉してくれる姿は、頼もしいばかりです。

しかし、業界の発展に伴って、
サイトにより、サービスに差が出てきている感も否めません。

そこで、当サイトでは関連サイトとの連携により、
薬剤師転職情報サイト人気ランキングを発表することにしました。
薬剤師転職情報人気ランキング

もちろん、ランクインしていないサービスが、悪い・・・という類のものではありませんが、
それでも、ランクインしているサイトから選択いただければ、
転職成功への道を一歩踏み出したといえる優良なサイトばかりとなりました。

ひとりで頭を抱えるのではなく、
あなたも、薬剤師転職情報サイトとは、どういったものか?と、
それくらいの気持ちで、先ずはランキングをご覧いただければ幸いです。

薬剤師転職情報人気ランキング


調剤併設OTC-ドラッグストアで働くメリット

yakkyoku-500

ドラッグストアで働くメリットとは?

調剤室とOTC医薬品(一般用医薬品)販売を併設しているドラッグストアで働くメリットって、なんでしょう?

  • ・調剤だけでなくOTC医薬品も取り扱うことで知識が広がる
  • ・雇用形態が多様なので、あなたのライフスタイルに合った職場が見つかる
  • ・ドラッグストアは給与が高めなので、年収アップに繋がるチャンス

他にも、日々の接客の中でコミュニケーションスキルも身に付きます。

求められているのはこんな人
OTC医薬品の販売は、「地域の気軽な健康相談窓口」として、お客さまのセルフメディケーションに役立つことが求められています。
お客さまとしっかりコミュニケーションをとれる人が好まれるようです。

「スキルアップしたい!」
「年収アップしたい!」
「プライベートも大事にしたい!」

そんな薬剤師さんは、
調剤併設OTC医薬品販売のドラッグストアも転職の候補に入れてみることをおススメします!!

「そうは言っても、よく分からないしなぁ」

安心してください。
マイナビ薬剤師がご相談に乗りますよ。
薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」




1512Image1-500


失敗しない安心の薬剤師転職支援サービス-マイナビ薬剤師

20140414155553-162S-500

マイナビ薬剤師はマイナビが運営するから安心感が違う♪

マイナビ薬剤師は、「マイナビ」「マイナビ転職」でおなじみの
株式会社マイナビが運営する薬剤師の方のための転職・就職支援サービスです。

首都圏や関西圏をはじめ、北海道から沖縄まで全国各都道府県の求人をカバーし、
満足度に徹底的にこだわったサービスを展開しています。

マイナビ薬剤師の強み-他社サービスとの圧倒的な差

薬剤師転職支援サービスの利用動向調査にて、
マイナビ薬剤師は、3年連続で「利用者満足度No.1」の評価を頂いております。
※調査委託先:楽天リサーチ
「薬剤師の転職支援サービス主要15ブランドにおける利用調査」(2015年11月実施)
薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」

1.たくさんの求人の紹介
40,000件以上の求人を保有し、お一人あたりにご紹介する平均ご紹介求人数は、
約21.1件(2015年10月時点)と、薬剤師の皆さまにとって豊富な選択を提示しております。

また、全国の薬局を地域情報込みでシステム化しており、モレのない求人紹介を行っています。

幅広い可能性を提示することは転職支援サービスとして当たり前の責務ととらえ、
ご紹介する求人数にこだわってサービスを継続して来たことが
このような評価を頂けたものと考えております。

2.希望にぴったりの求人の紹介
マイナビ薬剤師のコンサルタントは、採用を実施する薬局や病院に対して、
深いヒアリングを行うとともに、現場の様子をしっかりと確認しています。

また、採用担当者だけでなく、現場の薬剤師さんにもお話を伺い、
「実際のところ」をお伝えするように心がけています。

3.相談に関する親身な応対
マイナビは人材関連サービスを40年以上にわたり提供してきた実績があります。

選ばれ続けるサービスとして、常にご利用者満足度を高めるため、
マイナビ薬剤師のコンサルタントは、
現状に甘んじることなく、日々の研鑽を積んでおります。

あなたが納得する求人を探します!
お気軽に下記サイトまでアクセスしてくださいね。
薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」